« 2008年 「クリスマスの約束」 | トップページ | 愛の劇場『ラブレター』 »

2009年1月 6日 (火)

期待外れに終わった『だんだん』

NHKの朝ドラ『だんだん』は期待外れだった。
バラエティなどにおけるマナカナは好きなので
期待していたのだが、最初の2週間ほどで
見るのを止めてしまった。

キャストが悪いとかいうのではなく、やはり脚本が
悪いのだろう。

というか、どうして朝ドラって「夢を追いかける女の子」の
話ばっかりなのだろう?
平凡な毎日を、平凡に生きることはとても大切なことである
はずなのに。そして、その平凡な毎日の中から非凡な何かを
学び取ることほど貴重なことはないはずなのに。

舞妓の家に生まれて舞妓を目指すめぐみや
シジミ漁師の家に生まれてシジミ漁師を目指すのぞみ
(逆だったかもしれんが)では、どうしていけないのだろうか。
むしろそういうストーリーこそ、見たかった。

しかもNHKニュースでみずから双子の歌手としてデビューした
2人の姿をネタばらしした時には……興ざめ以外の何ものでもなかった。

なんだか、こういう本を演じさせられるマナカナがかわいそうな気さえする。

特別なことは何もないけれど心温まる話だった『芋たこなんきん』みたいな
朝ドラはもう見られないのだろうか。

もう本気で、受信料をまじめに払うのをやめようかと思っている。

|

« 2008年 「クリスマスの約束」 | トップページ | 愛の劇場『ラブレター』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/43653441

この記事へのトラックバック一覧です: 期待外れに終わった『だんだん』:

« 2008年 「クリスマスの約束」 | トップページ | 愛の劇場『ラブレター』 »