« 愛の劇場『ラブレター』 | トップページ | 親の心 »

2009年1月27日 (火)

韓国ドラマ『ぶどう畑のあの男』

京都テレビで毎週火曜日夜に放送されていた韓国ドラマ、
『ぶどう畑のあの男』が今日、最終回を終えた。

私とドラマとの出会いはいつもひょんなことから始まる。
気合いを入れて、さあ、今クールはこれが面白そうだから、
と思って見るのは大抵見続けられない。
この『ぶどう畑のあの男』も、たまたまザッピング中に、
ハッと引き込まれてそのまま毎週見ることになったのだった。
逆に言えば、一瞬で引き込まれてしまう何かがこのドラマに
あったということだろう。

いわゆる韓流ドラマのファンではない。
しかし、このドラマに関して言えば、とても爽やかなドラマだった。
その爽やかさを一層引き立たせていたのが、田舎のぶどう畑の
風景だった。

三角関係、四角関係の男女を描いていながらも、ドロドロしたところが
少しもなく、かえってほほえましい。日本のドラマではこうはならないだろう。
またセリフ回しも素晴らしかった。

中でも名文句と言えるのが、イ・ジヒョンの言った
「先生は雨が降った時に傘を買ってくれる人。
テッキさんは一緒に雨に濡れてくれる人」というものだった。

また、最後の部分のモノローグで、イ・ジヒョンが人生は計画通りにはならない
ということを語ったセリフも素晴らしかった。

日本のドラマがそうではないと一概には言えないが、
韓国のドラマはこのように、人生観を感じさせるものがあるように思う。

韓国のぶどう畑の緑を見ていると、なぜかとてつもなく懐かしい気持ちになるのだった。

|

« 愛の劇場『ラブレター』 | トップページ | 親の心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/43877371

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ『ぶどう畑のあの男』:

« 愛の劇場『ラブレター』 | トップページ | 親の心 »