« 2009衆院選狂想曲「すべては他人のせい」 | トップページ | MT車礼讃 »

2009年8月31日 (月)

さて、ほんとうに「生活が第一」なのか

日本の有権者は、「生活が第一」という標語にまんまと乗せられて、
民主党政権の誕生を許してしまったようだ。
しかし、本当に「生活が第一」なのだろうか?

別にこれは、民主党の政策が実質的には増税政策であることや、
最低時給保証でコスト増を嫌う企業が日本から逃げ出し、
失業者がますます増大することなどを言っているわけではない。

私はもっと精神的、形而上的なレベルで問いを発しているのだ。

「生活が第一」。
これと対極にある言葉が、
「武士は食わねど高楊枝」や
「人はパンのみにて生くるにあらず」
なのである。

つまり、人間として大事なことは、生活以上に、精神的なものにある、
ということなのである。

「生活が第一」に騙された国民が多かったというのは、
それだけ価値観の中心が精神よりも物質に移ったということの表れなのであろう。

|

« 2009衆院選狂想曲「すべては他人のせい」 | トップページ | MT車礼讃 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/46082569

この記事へのトラックバック一覧です: さて、ほんとうに「生活が第一」なのか:

« 2009衆院選狂想曲「すべては他人のせい」 | トップページ | MT車礼讃 »