« MT車礼讃 | トップページ | 中川昭一氏の急逝を悼む »

2009年9月24日 (木)

インターネットにおける「議論」の不可能性

私も、「言いたいこと」は多い方である。
で、議論系のサイトを割とよく見る。(いや、よく見ていたと言った方がよいかもしれない。)
例えば、産経の「イザ!」とか「たかじんのそこまで言って委員会大会議室」とか、
読売の「発言小町」とか。

しかし、「議論」が「議論」として成熟し、実りあるものになっている例を見ない。
たいていは自分と異なる意見の人に対する揚げ足とりから誹謗中傷、攻撃、
に終わっている。

そりゃそうだ、そういう人は最初っから相手の考えを聞く気持ちなどないのだから。
しかも、顔が見えない、文字だけという形式がさらに暴力性に拍車をかけている。

結論すると、インターネットでの議論は不可能なのだ。

私もかつてはこのブログでいろいろなコミュニケーションをしたことがあるが、
最近はコメントを受け付けていない。人の意見を聞こうとせず、自分の主張を
押しつける人にいちいちからむコメンターに付き合うのがめんどくさいからだ。

インターネットが普及し、ほぼ誰でもブログを書いたり見たりできるようになったが、
ユーザーの階層もそれだけ下に広がっているということだろう。

誤字脱字はご愛嬌としても、現実と同じように「やかって」こられるのはたまらない。

コメント欄を設けなくても、読む人は読むだろうし、コミュニケーションが必要ならば
リアル世界ですればいいことだ。

議論系サイトの「荒れっぷり」を見ていて、つくづくそう思う。

|

« MT車礼讃 | トップページ | 中川昭一氏の急逝を悼む »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネットにおける「議論」の不可能性:

« MT車礼讃 | トップページ | 中川昭一氏の急逝を悼む »