« 中川昭一氏の急逝を悼む | トップページ | 『未来のための江戸学』 田中優子著 »

2009年10月21日 (水)

音楽と神

最近思うことだが、音楽と神とはとてもよく似ている。
どちらも、形がない。
しかし、ある形をとってこの世に顕現する。
神が、人間にとってさまざまな相貌を伴って顕現するのと同様、
音楽もまた、さまざまな形(ジャンル)として顕れる。
しかし、どんな相貌を伴おうとも、それは神の一部である。

神を表現するにはある形式が伴う。
それが、宗教におけるさまざまな儀式になるのだろう。
カトリックの儀式、プロテスタントのそれ、また、民間信仰のそれ。
音楽においても同様で、それはクラシックであったり、ジャズであったり、
現代音楽であったり、さまざまな表現様式となる。

けれども、「形式」にとらわれることは、かえって本質を見誤ることにも
なりかねない。

人によっては、「神」を笠に着て他人を抑圧したり、脅したりもする。
それは、神の本質とは何の関係もない。
しかし、そういう悪人に対しても、神は愛を注いでいるに違いない。

ミュージシャンにもたまにそういう人がいる。
「そういう気持ちで音楽やらんといてや」みたいなことを言ったり。
しかし、音楽がすべての人を愛している限り、
ただの人間が他人に対してそういうことを言う権利は何もない。

宗教の人が信仰歴の長さを誇ったりするのと、ミュージシャンがキャリアの長さを誇ったり
するのとはよく似ているが、そういう自慢はおそらく神や音楽から見れば何の意味もない。

そのときどれだけ神や音楽を愛しているか、それしか神や音楽にとっては
関係ないのだと思う。キャリアの若い人が、純粋に音楽を楽しんでいるほうが、
音楽に対する態度としては「正しい」のではないだろうか。

宗教団体はお金が絡む。
いつの間にか、神を感じることよりも、お金の方が中心になってしまっていたりする。
これは本末転倒である。
ミュージシャンの中にも、先日逮捕された詐欺師のKのように、音楽よりも
お金が中心になってしまった人もいる。

だがわれわれ(アマチュアは特に、またたとえプロであっても)は、
音楽に敬意を表し、音楽を愛するという原点を忘れるべきではないだろう。

|

« 中川昭一氏の急逝を悼む | トップページ | 『未来のための江戸学』 田中優子著 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽と神:

« 中川昭一氏の急逝を悼む | トップページ | 『未来のための江戸学』 田中優子著 »