« 『未来のための江戸学』 田中優子著 | トップページ | 無償の愛 »

2009年11月26日 (木)

『金正日は日本人だった』読書記

『金正日は日本人だった』という衝撃的なタイトルに引かれて、
思わず衝動買いしてしまった。
もしかして「トンデモ本」か?と思ったが、読んでみて
タイトルほど衝撃的な内容ではないと思った。

この本の眼目は、金正日は実は金日成の実子ではなく、
金正日の実父は「金策」という日本軍の残置諜者である、
という仮説に基づけば、不可解な北朝鮮の動き方も
ある程度わかりやすくなる、というもの。

筆者によれば、金正日の実父とされる「金策」は、
畑中理という日本人で、日本の敗戦を受けてもなお
半島に残り続け、日本の国体を実現することを決意したという。

著者の佐藤守氏は長年航空自衛隊の最前線で仕事をしてこられた方なので、
記事の大半はそれなりの説得力のある内容である。

本書の9割は真実で、残り1割は眉につばを付けて読んだ方がよい、
というのが私の感想。著者自身も、「金正日=日本人」説を特段声高に
主張しているわけではなく、もしそうであったら色々と不可解なことも
説明がつく、と控えめに述べているに過ぎない。

とりわけ、第10章の「北のディープスロート」だが、この人物が誰なのか、
著者もたった一度会っただけであり、その素姓も明らかになっていないので、
単純に信じるわけにはいかない。

ただ、もし万一、北朝鮮が反日国家でなかったら、今日アメリカに対して
行っているタフ・ネゴシエーションは本来なら日本がそうすべきであった
ものであるし、核武装にしても、唯一の被爆国である日本こそが主張する
権利のあるものである。

とすれば、ある種のメタファーとしては、北朝鮮が日本の残置国家であるという
こともうなずけないこともない。

面白いと思ったのは、金正日が親日家であるという説だ。
アメリカをののしっていたフセイン宅から多くのアメリカ製のDVDやら何やらが
見つかって、実はフセインはアメリカの文物を愛好していたということが後で
わかったわけだが、それと同じようなものだろうか。

北朝鮮という不可解な国家を考える上では、多角的な見方が必要で、
こんがらがった糸を丁寧に解きほぐしてゆくような分析と慎重さが
必要なのだと考えさせられる本だった。

『金正日は日本人だった』佐藤守著、講談社刊

|

« 『未来のための江戸学』 田中優子著 | トップページ | 無償の愛 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/46865381

この記事へのトラックバック一覧です: 『金正日は日本人だった』読書記:

« 『未来のための江戸学』 田中優子著 | トップページ | 無償の愛 »