« 売国の跫音 | トップページ | メッセンジャー黒田傷害で逮捕 »

2009年12月15日 (火)

属国化の跫音が聞こえる

憂慮していた習近平と、天皇陛下との面会が実現した。
汚沢一郎の常軌を逸した行動に、いち日本国民として
憤りを禁じ得ない。

事の経緯についてここで詳しく述べるのはよそう。
竹田恒泰氏がよせてくださったトラックバックを参照して頂きたい。

習近平の尊大で不遜な態度は容認することのできないものであった。
先日のオバマとは大違いである。

ところで、鳩はこの件について反省するどころか、
「次のリーダーになる方なのに、こんな騒ぎになって残念だ」と
開き直っている。また、汚沢一郎は、記者会見で逆ギレしまくった。

私は提案する。
鳩と汚沢には日本国籍を剥奪し、シナに帰ってもらおう。
汚沢と同行した訪中団も同様だ。

そして、汚沢が幹事長を務める(中華人民)民主党について。
今や幹事長が「私は人民解放軍の野戦司令官だ」ということを
明らかにした以上、破防法を適用し、解散命令を出すしかないだろう。
それが、法治国家日本のなすべき事である。

|

« 売国の跫音 | トップページ | メッセンジャー黒田傷害で逮捕 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 属国化の跫音が聞こえる:

« 売国の跫音 | トップページ | メッセンジャー黒田傷害で逮捕 »