« メッセンジャー黒田傷害で逮捕 | トップページ | 地方に暮らすメリットを考える »

2009年12月26日 (土)

二つの「歌」

先日偶然、車で流していたラジオで聴いた曲。
宇佐元恭一「雨ニモ負ケズ」。
おなじみ宮澤賢治の詩に曲をつけたものだが、
とても自然でまさに天衣無縫、すなわち繕ったような痕跡がない。
なんでも、天からメロディーが降ってきて、
一晩明けたら曲ができていたそうだ。
そういうことってあるんだな。
ちなみに、宇佐元恭一氏は1982年にデビューの苦労人、
「雨ニモ負ケズ」も2006年にインディーズから発売されて、
ここにきて大ブレイクしたそうだ。


もうお一方。
インターネットで広まっていた「手紙」という
ポルトガル語の詩に曲をつけた樋口了一というお方は93年デビューだそうだ。
「手紙」というこの詩は、年老いた親から子どもへの伝言という形で、
とても心を打たれる。
樋口氏は、この歌について、「もともとが手紙という形でネットで広まったものだし、自分が何かしたという感じは全然ない」と。


どちらの歌も、その底にある精神性、今風に言えばスピリチュアリティを感じる。2010年代は、こころ、精神性を大事にする時代になってゆくのだろう。また、この二人がぱっと出の新人ではなく、ベテランシンガーだというのもいい。

惚れた腫れた、の歌も良いが、こういう大人の歌が歌われる、そして聴かれる世の中になってほしいものだ。

|

« メッセンジャー黒田傷害で逮捕 | トップページ | 地方に暮らすメリットを考える »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二つの「歌」:

« メッセンジャー黒田傷害で逮捕 | トップページ | 地方に暮らすメリットを考える »