« 「冬の嵐」(谷村新司) | トップページ | The Other Side of Love(坂本龍一) »

2010年2月19日 (金)

子育て日記

子どもも1歳半を過ぎ、父親ができることも多くなってきた。
子どもと意思の疎通が出来るようになってくると、子育ては俄然面白くなってくる。
何が面白いと言って、これほど面白いことはないはずだ。
だから、私は子育てをアウトソーシング化(外部委託)しようなどとは思わない。
確かに大変なことも多い。
たくさん気を使うし、体力もいる。
でもそれだけやる意義も価値もあるものだと思っている。
子どもを通じて教えられることも多いし、自分自身が成長できる。

経済効率だけを考えるならば、お金を払って保育所に頼み、自分はどこか働きに出て
お金を稼いだらいいと思いがちだ。
しかし、これは近代以降の悪しき思考法だと思う。
子育てを自分でやらないなら、一体人は何のために何をしているのか、ということになると思う。

|

« 「冬の嵐」(谷村新司) | トップページ | The Other Side of Love(坂本龍一) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育て日記:

« 「冬の嵐」(谷村新司) | トップページ | The Other Side of Love(坂本龍一) »