« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年3月17日 (水)

『天国にいちばん近い島』(原田知世)

歳を取ったということなんだろうか。
それとも、最近の音楽がつまらないということなんだろうか。
やたらと昔の名曲が思い出される。
今日もふと、突然頭によみがえってきたのは、原田知世の『天国にいちばん近い島』だった。
ユーチューブで検索したら、たくさんあった。
今聴いても名曲だ。
林哲司の曲も良いが、改めて聴いてみて、原田知世の声の透明感がとてもこの曲に合っている
と感じた。この声質の透明感は希有のものだ。
確かにピッチは微妙だが、この声質の透明感はそれをカバーして余りあると思う。
そして、pvを見て、知世さんのあまりものかわいさに今更ながらにノックアウトされた。
そんな知世さんが、いまでも歌やCMで活躍中なのはとてもありがたいことだ。

| | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

It's BAD(田原俊彦)

昨日の「徹子の部屋」は久保田利伸がゲストで、そこで偶然にも、田原俊彦の「It's BAD」が、デビュー前の久保田利伸の作曲したものだと知った。

この曲、たしか私が大学1年生ごろの曲で、とても気に入り、カセットに録音して聴いていた思い出がある。男性アイドルの曲にしてはえらく垢抜けていて、センスのいい曲だと思っていたが、やはりそういうことだったのか。

今では猫も杓子もR&Bっていう感じだが、久保田利伸は日本のポップスにR&Bを導入した先駆者であり、大御所、そして第一人者だと思っている。

| | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »