« まなざし | トップページ | FOCUS "La cathedrale de Strasbourg" »

2011年9月27日 (火)

アリス『血の絆』

31prg50g3bl__sl500_aa300__4


久しぶりに「名曲覚え書き」を書こう。

アリスの『血の絆』。
私的にはアリスの最高傑作だと思っている『Alice VI』のA面の最後を飾る曲だ。

世に、男女の愛憎を歌う曲は多いが、親子の情愛を歌った曲はあまり多くない。
この『血の絆』は、母と子の情愛を歌った曲である。

私は、谷村新司は、シンガーソングライターの中では随一の詩人だと思う。
人生の深いひだにまで分け入った感のある詩の世界に、とても引きつけられ、心酔した。
それが、たしか、小学6年生の頃だった。
私にとって、谷村新司の詩の世界はまさに人生論そのものであった。
今から思うと、ずいぶん老成した小学生だったと思う。

『血の絆』は、そんな谷村新司の珠玉のような名作のうちのひとつである。
著作権の関係もあるようだから、ここに全部載せるわけにはいかないが、最後のフレーズが特に泣かせる。
「そのときはこの世にいないあなたを/心のどこかで呼ばせてください」。
「そのとき」というのは、「歌えなくなって年老いて、いつか必ず町を出るであろうそのとき」ということだ。
そのときには当然、母は他界してこの世にいないはずだろうから、という文脈である。

私は小学6年生でありながら、自分にもいつかそういうときが来るのだろうか、それはいつのことなのだろうか、と、漠然と考えながら、この歌を繰り返し繰り返し、カセットで聴いていた。そのことを思えば、時の流れは実に速い。

巷には、異性を引きつけるためにイキがっているような歌があふれているが、こういう歌がもっと広く知られてもよいと思う。

|

« まなざし | トップページ | FOCUS "La cathedrale de Strasbourg" »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/52845542

この記事へのトラックバック一覧です: アリス『血の絆』:

« まなざし | トップページ | FOCUS "La cathedrale de Strasbourg" »