« 2012年岡山県知事選を考える―その2 | トップページ | 伊原木新知事の誕生を祝す »

2012年9月28日 (金)

昼ドラ『赤い糸の女』にハマる

昼ドラ『赤い糸の女』にハマってしまった。
所詮フィクションとわかってはいても、
手に汗握りながら、どきどきして見てしまう。
それは、配役の適切さと、何より三倉茉奈の熱演によるものだろう。

とにかく、三倉茉奈の表情がいい。
不安におびえる表情はもとより、恋人のミツヒデとデートする時の、
女の子らしい表情、娼婦として男を相手にしているときの、
濃い化粧や何か物思いにふけるような表情、
ミツヒデから電話がかかってきたときの、嬉しいけれども今の自分の体では
会うことができないという、喜びと悲しみの入り混じったような表情……。

正直、三倉茉奈がこんなにいい女優だとは思っていなかった。

すでに収録を終え、打ち上げも終わっているそうだが、
これからのドラマの展開に目が離せない。

|

« 2012年岡山県知事選を考える―その2 | トップページ | 伊原木新知事の誕生を祝す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/55764368

この記事へのトラックバック一覧です: 昼ドラ『赤い糸の女』にハマる:

« 2012年岡山県知事選を考える―その2 | トップページ | 伊原木新知事の誕生を祝す »