« 昼ドラ『赤い糸の女』にハマる | トップページ | 「積み木くずし 最終章」を見て »

2012年10月28日 (日)

伊原木新知事の誕生を祝す

我が郷里岡山県の新知事に、伊原木隆太氏の当確が出た。
心より、おめでとうと言いたい。

伊原木氏の明るいキャラクターが、県民に対していい影響を与えてくれることを切に願っている。

岡山は県庁マンがやたら威張っている。
なんとなく活気に乏しいのも、そういうことが影響しているのだろうか。
今は亡き母が、喫茶店をやっていたのだが、県庁マンの態度はずいぶん横柄だと漏らしていた。
県民から貰っている税金で食わせてもらっているという意識はないのだろう。

伊原木氏は百貨店の前社長であり、お客様に頭を下げる仕事をしてきた。
伊原木氏の言う「民間の当たり前」をぜひ、県庁に叩き込んで、新しい風を吹き込んでほしい。

有力な対抗馬としては一井暁子氏がいたが、彼女のフェイスブックに書き込まれる支援者の声が、
伊原木氏に対する誹謗、非難、悪口ばかりで、見るに堪えなかった。
結局サヨクというのは人を貶めることでしか、自分のアイデンティティを維持できないのだろう。

一井氏は、社会党の元議員である父親の秘書をやっていた。
その人は、民主党の創設に尽力したそうである。
また、日教組の顧問弁護士だとも聞いた。

一井氏は、選挙前には雇用一万人の創出を謳っていたが、選挙戦に入るころから突然、「教育第一主義を宣言します」などと言い出した。
まるで一貫性がない。ブレやすいのだ。

また、政策のビラに「失敗を恐れずに……」という文言があったのを私は見逃さなかった。
もちろん、これは県民にチャレンジをすすめる文言だと理解したが、県民に失敗は許されても県政に失敗は許されない。その辺のことの重大さ、覚悟に乏しかったからこそ、そういう文言が飛び出したのではないだろうか。

一井氏が民主党を離党したことも、「素性隠し」ととられても致し方なかったのではないか。
それに比べれば、自民党とたちあがれ日本に応援を頼んだ伊原木氏は潔かったと言える。

それから、なぜか嘉田由紀子滋賀県知事が推薦しているというビラが入っていた。
滋賀県と言えば、あの凄惨ないじめ事件を放置した県である。
その嘉田知事が推す人に、どうして教育再生を託せるだろうか。

もっとも、私は一井暁子氏その人自身を知らない。
会ってみれば案外いい人なのかもしれない。
支援者の人も、そういう人柄に惹かれるのかもしれない。

しかし、そのことと、県知事として適任かどうかとは全然別の問題だ。

県知事というのは組織のリーダーである。
一県議会議員とは全く違う。

議会は議論する場だが、知事は決まったことを執行する執行部の長だ。
そこには強い実行力が必要とされる。
天満屋の改革を見事にやってのけた伊原木氏に、その資質は十分にあると思う。

選挙が終わるまで封印していた「言いたいこと」を、思い切り書かせていただいた。

|

« 昼ドラ『赤い糸の女』にハマる | トップページ | 「積み木くずし 最終章」を見て »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/55993483

この記事へのトラックバック一覧です: 伊原木新知事の誕生を祝す:

« 昼ドラ『赤い糸の女』にハマる | トップページ | 「積み木くずし 最終章」を見て »