« 2015年8月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年9月29日 (火)

潮の香り(オフコース)

私は、二人組のオフコースが好きだった。
小田さんとやっさん(鈴木康博)と、どちらかと言えば小田さんのファンだった。
それでも、今振り返ってみれば、鈴木さんあってのオフコースだったのだと思う。
「せつない」系の楽曲を得意とする小田さんに対して、鈴木さんは洋楽テイストの強い楽曲が多く、循環コードなど、ジャズ的なコードワークが得意だったように思う。

松尾一彦氏が最近インタビューで語ったように、やはり鈴木さんが抜けた穴は大きかったし、楽器演奏の技術や楽曲制作などにおいて、その穴は埋められなかったのだと思う。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/151023

アルバム「JUNKTION」は、そんな鈴木さんの魅力を存分に堪能できるのだが、「潮の香り」も「JUNKTION」に収録された曲のひとつ。

私が中学1年生の夏、この曲をヘビーローテーションで聴いていた。

今になって、コード進行を見てみて、よくこんな難しい曲を書いたなあと思う。

Aメロがkey:Aで始まり、A'が半音上に平行移動してkey:A#になっている。

何気なく聴いていると、AメロとA'とが同じkeyのように思えるのだが、実はさにあらず、しかもAメロとA'メロとの接続がとてもスムーズで全く違和感がない。見事としか言いようがない。

それだけでなく、聴いていると本当に夜の海岸沿いをドライブしているような気持ちになる。

実に、完成された楽曲だと思う。

オフコースと言えば小田さんばかりが注目されがちだが、鈴木さんの曲にも名曲はたくさんあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

村上陽一郎著『私のお気に入り』

村上先生がご自身の生い立ちをはじめ、お気に入りのものを語っていらっしゃるご著書。
私が学生時代にはあまり意識していなかったが、村上先生は戦前生まれなんだなあ。
この本を読むと、村上先生が、能、音楽、映画、落語等々、さまざまな文化に通暁していらっしゃる教養人なんだなあと実感する。

私が東大に行ってよかったと唯一(?)思えるのは、村上先生の講義を毎週生で拝聴できたことだ。これは何物にも代えがたい貴重な経験だった。京大に行っていれば今頃自分の人生は変わっていたかも、と妄想することが多いが、東大で村上先生の授業を聴けたことは、やっぱりあれでよかったんだと思える理由になる。

この本を読んで初めて知ったのだが、村上先生は一浪して文二に入学されたということ。
そして、私信では旧かな旧漢字を守っていらっしゃる!ということ。
後者は大変意外でありまた私にとって大変心強い味方を得た気持ちになった。

それと、某新聞に関して、皇室関係の記事で「天皇陛下は……した」という、敬語を使わない表現が日本語を破壊している、とずばり書いていらっしゃって、私も溜飲を下げた。まあ、どの新聞かは言わずともわかるのだが。

村上先生はローマカトリックのクリスチャンだそうだが、由緒正しき日本人のお一人であるなあ、と思った。

あの頃は若手のお一人だった村上先生もお年を召されたのだなあと、この本を読んでいて思ったが、どうか、これからもいつまでもお元気でお過ごしになってほしいと、そう願わずにはいられない。

とても貴重で、面白い本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

仮面ライダードライブの映画

昨日はメンズデーだったので、近くの映画館に仮面ライダードライブを見に行ってきた。
なぜか、じわっときて、涙が止まらなかった。
前作の「仮面ライダー鎧武」は全然見ていなかったが、その前のウィザードも、映画を見た。
とても良かった。

ニンニンジャーも同時上映で、こちらが時間も短くより年少者向けであるのに対して、ライダーの方はストーリーも少し複雑で、テーマ性もあると思う。大人が観ても十分楽しめるようになっていると思う。

何にじわっときたのかというと、父と子の情愛が描かれていたからだろう。
それと、泊進之介と霧子が将来夫婦になるのではないかということが予感されるような内容も。

とてもいい映画だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2016年1月 »