« 井上忠先生のこと | トップページ | テレビ朝日系 「ミグ25ソ連脱出」 »

2016年6月23日 (木)

読書『総理』山口敬之(幻冬舎)

本を3冊買って、ほぼ同時に読み始めた。

『私を通り過ぎたスパイたち』佐々淳行(文藝春秋社)
『総理』山口敬之(幻冬舎)
『なぜトヨタは税金を払っていなかったのか』(ビジネス社)
の順で読書を開始した。

最初のスパイ本は、まあまあ。
これから面白くなっていくのだろうか。

次に読み始めた『総理』が断トツで面白い。
政治記者というのは単に政治を報道するだけではなく、
あるときはメッセンジャーとしての役割を果たしている、
ということを知り、とても面白い。
また、この本はノンフィクションでありながら泣けるのだ。
まだ読了してないが素晴らしい本だ。
買ってよかった。
反日と言われるTBSにこういう記者がいたということも
驚きであった。

最後に読み始めた『なぜトヨタは税金を払っていなかったのか』は
大したことはなかった。ウェブで読んだ記事がきっかけで買ったのだが、
ウェブの記事で十分で、買う程の本ではなかったように思う。

|

« 井上忠先生のこと | トップページ | テレビ朝日系 「ミグ25ソ連脱出」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/63820103

この記事へのトラックバック一覧です: 読書『総理』山口敬之(幻冬舎):

« 井上忠先生のこと | トップページ | テレビ朝日系 「ミグ25ソ連脱出」 »