« お盆を過ぎれば | トップページ | 読書記 火野葦平「花扇」 »

2016年10月13日 (木)

『渡邊二郎著作集』

偶々、図書館で『渡邊二郎著作集』を見かけ、手にとって借りてみた。
乾いた地面に雨水がしみこんでいくように、著者の言葉の一つ一つが心にしみこんでいくのを感じた。

渡邊先生は私の大学時代の指導教官であられた。
だが不肖私は不真面目な大学生で、先生の講座の末席を汚すだけに過ぎないような存在であった。
先生の哲学概論を履修したが、構造主義や現象学の話で、若くて生意気な私は、「これが生きることとどんなかかわりがあるのか」とシニカルな気持ちで受講していた。
「若気の至り」という言葉があるが、まさにそんな気持ちが若気の至りであったと、『渡邊二郎著作集』を読んでみてようやくわかった。

私の精神年齢がようやく、先生のお話を聴けるぐらいに成熟してきたということだろうか。

ならば、あの本郷での3年間、何というもったいないことをしたのだろう!

この本を読むと、先生の研究が「人間として生きること」「どう生きるべきなのか」という根本的なテーマから発しそこに帰着するものであるということがわかる。

そう思えなかったのは、当時の私の若さ故の短絡であったのだろうか。

また、いつも地味なダーク系のスーツを着て来られ、講義も堅苦しく、何という四角四面の堅苦しいお方なんだろうと思っていたが、さにあらず、この本を読めば、意外にお茶目でロマンティストなところもある(ご自身によれば多重人格ではないが二重人格)お方だとわかる。

なぜもっと、先生の懐に飛び込んで行かなかったのか、と、実に悔やまれるのである。

渡邊先生は本当の愛智者であり、人間としても立派な方だったのだなあと、この本を読んで、今更ながら知らされたのである。(本を贈呈した人にいつも丁寧に感想のお手紙を書いていらしたというエピソードからもわかる。)

巷には、読むに値しない文章も多い。悲しいかなそういうのがベストセラーになったりもする。
しかし、渡邊先生の文章は、読むべき文章である。

若き日に渡邊先生と出会えたのは幸せなことだったのだ。
当時の自分にそれがわからなかったのが、実に悔しく悲しいことである。
それに気づくのに30年もかかってしまうとは…。
この『渡邊二郎著作集』を読むことで、渡邊先生を偲びたいと思う。

30年近く遅れた挨拶になってしまううえ、すでに渡邊先生はこの世にはいらっしゃらないが、渡邊先生、本当にありがとうございました。そうお伝えしたいのである。

|

« お盆を過ぎれば | トップページ | 読書記 火野葦平「花扇」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/64342275

この記事へのトラックバック一覧です: 『渡邊二郎著作集』:

« お盆を過ぎれば | トップページ | 読書記 火野葦平「花扇」 »