« 『渡邊二郎著作集』 | トップページ | 君の名は。 »

2016年10月22日 (土)

読書記 火野葦平「花扇」

火野葦平の「花扇」を読んだ。
なんだか昼ドラのような小説だった。
高利貸しの男性と花の師匠の奔放な女性との恋、そして三角関係。
それにしても、救われない話だった。
今、昼ドラはやってないんだろうか。
この小説を昼ドラにしたら面白いだろうなと思うのだが。

この小説を読んだのは、たまたま『麦と兵隊』を目当てに図書館で借りた本に入っていたから。
やはり小説は昔のに限る。


|

« 『渡邊二郎著作集』 | トップページ | 君の名は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/64383595

この記事へのトラックバック一覧です: 読書記 火野葦平「花扇」:

« 『渡邊二郎著作集』 | トップページ | 君の名は。 »