« 昨日見た夢 | トップページ | 悪妻を得れば哲学者になれる »

2017年2月 6日 (月)

節分と恵方巻き

2月3日は節分だった。
我が家では恵方巻きの丸かじりと豆まきをやった。

私は、関西に出るまでは恵方巻きなるものの存在を知らなかった。
私の家では、節分の行事といえば、豆まきだけだった。
恵方巻きはもともとは花街のお遊びから始まったという説もある。
その起源もせいぜい江戸時代末期ぐらいからという説があり、けっして歴史の古いものではないだろう。
また、そういうお遊びに海苔業界が乗っかったものなのだろうから、日本の古い伝統というわけでもあるまい。
平安時代の文学には、節分の豆まきの起源ともいわれる追儺の鬼やらいというのが出てくるが、恵方巻きなんてのは(私の知る限りではあるが)けっして出て来ない。

だから、恵方に向かって、黙って丸かぶりしなければならない、なんてのは、所詮迷信に過ぎないと思っている。
黙って食おうがそうしまいが、幸福とは全く関係ない。
むしろ和気藹々と歓談しながら食事した方が、幸福感が増すのである。

それに、私が恵方に向かって黙って丸かぶりした年、私は自転車で転んで膝を骨折し、ひどい目に遭った。
だから、あんなものは迷信だと自信を持って言い切れる。

けれども大阪人の細君は、この迷信を信じ切っていて、先日の節分の折にも、子供らに「黙って食べないと幸せが逃げていく」などとのたもうていた。

そうして、豆まきの準備が遅いと言って子供らを怒鳴っていた。

いや、その怒気そのものが、「鬼」なんでしょうが。
その、人の心に巣くう「鬼」を追い払うための、豆まきなんでしょうが、と。
まったく、本末転倒だと思う。

ただ、私はそのことを表立って言わなかった。
言っても、相手が聞く耳を持たなければ意味が無いからだ。
こういうのは、本人がみずから気づくしかないのである。

|

« 昨日見た夢 | トップページ | 悪妻を得れば哲学者になれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/64858252

この記事へのトラックバック一覧です: 節分と恵方巻き:

« 昨日見た夢 | トップページ | 悪妻を得れば哲学者になれる »