« 保守とは何か、サヨクとは何か。その思考の方向性 | トップページ | 男はプライドの生き物である »

2017年5月25日 (木)

ZARD坂井泉水没後10年

二日ほど前だったか、急にZARDが聴きたくなって、寝床の中で「forever you」を聴いた。
このアルバムを繰り返し聴いていた頃(もう22年もまえになるのか!)のことが、脳裏によみがえってきた。
あの頃見ていた情景や、感情などが。音楽とは不思議なものである。

そしたら、昨日、インターネットニュースで、「ZARDの坂井泉水が亡くなってからもうすぐ10年になる」という記事が載っていた。(wikiによれば5月27日没だそうだ。)

こういうのをシンクロニシティというのだろうか。その記事を見るまではそんなことは全く意識にはなかったのに。不思議なものだと思う。

今にして思うと、ZARDの歌は、サウンドはロックでありながら、コード進行は垢抜けていて、歌詞は生々しい恋愛を歌っていたり、そういう様々な要素の組み合わさった魅力があったのだなあと思う。

合掌。

|

« 保守とは何か、サヨクとは何か。その思考の方向性 | トップページ | 男はプライドの生き物である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/65326605

この記事へのトラックバック一覧です: ZARD坂井泉水没後10年:

« 保守とは何か、サヨクとは何か。その思考の方向性 | トップページ | 男はプライドの生き物である »