« 小田さんの誕生日 | トップページ | 山口めろん「やさしさにつつまれたなら」 »

2017年9月21日 (木)

ごっこ遊びは人間の本質である

子供はよく「ごっこ遊び」をする。
言うまでもなく、ごっこ遊びとは、自分が自分でない何者かになりきって、それを楽しむ遊びである。
子供がこういったごっこ遊びをよく楽しむのはなぜだろうか。
それは、子供というのは人間の本質を直観的にわかっているからだと思う。
(大人になればなるほど、世間知がついてきて、そこから遠ざかってしまう。)
では、その人間の本質とは何なのだろうか。
それはつまりこうである。
人間一人一人は、本来誰でもないものなのだが、なぜだか知らないが、この世に降り立って、誰の何某をやっている。
つまり、人生そのものが、究極のごっこ遊びなのだ。
私は、本当は、誰でもない。そして誰でもある。もっと言えば、存在自体である。
それが、どういうわけだか、この個性ある、限定された役としての何某を「やっている」のである。

子供は直観的にそのことを「知っている」のだろう。
だからこそ、人間存在の構造と同じような「ごっこ遊び」を、心の底から楽しむことができるのだろう。

人生は究極のごっこ遊びである。だからこそ、その遊びを楽しむべきなのである。

|

« 小田さんの誕生日 | トップページ | 山口めろん「やさしさにつつまれたなら」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/65818589

この記事へのトラックバック一覧です: ごっこ遊びは人間の本質である:

« 小田さんの誕生日 | トップページ | 山口めろん「やさしさにつつまれたなら」 »