« 同窓会総会での演奏 | トップページ | 西部邁氏の思い出 »

2018年1月19日 (金)

胡蝶の夢

小さい頃、今見ている現実がもし夢だったらとか、夢ではないのかとか思うようなことがよくあった。
それは、幼稚園の頃まで続いた。そういう、得体の知れない思いゆえに、幼稚園で泣いて、友達に慰められることがあった。だが、誰に話してもこの思いをわかってくれる人はいないだろうと思ったので、誰にも話すことはなかった。

小学校に入ると、勉強しなければならないとか、そういう生活上の忙しさゆえに、そういうことを次第に忘れていった。
50年も生きていると、この現実が現実であるという思い(こみ)は、相当強くなっているように思う。
だが、かつて感じた思いこそが、本当のものではないだろうか。
あの思いを、忘れてはならないと思うのである。

|

« 同窓会総会での演奏 | トップページ | 西部邁氏の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/66295987

この記事へのトラックバック一覧です: 胡蝶の夢:

« 同窓会総会での演奏 | トップページ | 西部邁氏の思い出 »