« 岡本真夜「smile」 | トップページ | 医者と弁護士 »

2018年2月 7日 (水)

今日の曾野綾子さんのコラム

今日の産経新聞の曽野綾子さんのコラム「透明な歳月の光」は、とてもよかった。

「人間の生涯には、最後まで当人すら自由に扱えない未知の部分が用意されていることに対して、人は謙虚にならなければいけない。」

というくだり、その通りだと思った。そして、

「自分の未来を諦めたり、自殺したりして結論を出そうとするのは思い上がりで、人間の誰もが最後の日まで意外な運命の展開を持っているらしい。」

と続く。

まさにその通りだと思う。本当に未来はわからない。人間には未来を見通すことができない。ただ神だけが知っている、ということがある。

私の未来も、好い展開があるのだろうか。

|

« 岡本真夜「smile」 | トップページ | 医者と弁護士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/66367531

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の曾野綾子さんのコラム:

« 岡本真夜「smile」 | トップページ | 医者と弁護士 »