« 今日の曾野綾子さんのコラム | トップページ | 春~spring~ »

2018年2月23日 (金)

医者と弁護士

まだ私が児童・生徒だった頃、仕事に就くなら、理系なら医者、文系なら弁護士がいいと言われたものだ。
それは、世の中から病気や訴訟がなくなることはないので、食いっぱぐれのない職業だからということだったのだろう。

いかにもステロタイプだ。もう少しまともな進路指導はできなかったのだろうか。

最近では中学生から職業体験と称して実地研修のようなことをしているようで、昔に比べるとずいぶん変わったなあと思う。ある意味、うらやましくもある。

医者なんて、自分が体調を崩して休もうものなら商売?にならないし、弁護士だって、基本的にはトラブルを扱う仕事なので、世の中のいろんな闇を見なければならない仕事に違いない。ものすごく大変な仕事なのだ。

にもかかわらず、単に学業成績がいいからと言って、医学部とか法学部を薦めるというのは間違っていると思う。

今は時代も変わって、弁護士も昔のような安定職ではなくなったらしい。

そう、時代というのは変わるものだ。

今は、当時のような進路指導をする先生はいないだろうと信じたい。

|

« 今日の曾野綾子さんのコラム | トップページ | 春~spring~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/66425181

この記事へのトラックバック一覧です: 医者と弁護士:

« 今日の曾野綾子さんのコラム | トップページ | 春~spring~ »