« 一太郎30周年記念の傘が壊れた。 | トップページ

2018年6月29日 (金)

沢田知可子 Together

先日、車の中でFMを聞いていて、流れてきた歌が、沢田知可子の「Together」だった。
メロディーもさることながら、歌詞の素晴らしさに打たれ、思わず涙ぐんだ。
その次に流れてきたのが、「シアワセの種」だった。
どちらの曲も、来たるべき「死」を視野に入れながら、人生を振り返るような内容の歌。
素晴らしいと思った。

ネットで検索すると、この曲の入った「LIFE~シアワセの種~」というアルバムは、人生の終活をテーマにしているという。
終活という言葉自体はあまり好きではないが、人生の終わりというか、誰もが必ず迎えねばならない死ということをテーマに歌うというのは、実に実に素晴らしいと思う。
普段、生活の中からは忌避されがちな「死」「人生の終わり」というテーマ。
それにあえて正面から挑み、藝術という形に昇華させている。
共感したり励まされたり癒やされたりする人は多いのではなかろうか。
私自身、昨年大きな病気を経験して「死」について考えることを余儀なくされただけに、一層心にしみた。

沢田さん、そしてスタッフの皆さん、ありがとう。

|

« 一太郎30周年記念の傘が壊れた。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/66882137

この記事へのトラックバック一覧です: 沢田知可子 Together:

« 一太郎30周年記念の傘が壊れた。 | トップページ