« 朝がねむいよ/フィンガー5 | トップページ | 妻の態度 »

2018年8月16日 (木)

水木しげる伝(講談社漫画文庫)

ゲゲゲの女房が放送されていた頃、水木さんの本を何冊か読んだ。
最近また、水木さんの本を読みたいと思って『ほんまにオレはアホやろか』(新潮文庫)を再読、今は新に買った『水木しげる伝(中)』(講談社漫画文庫)を読んでいる。

昔は、水木しげるなんてただの怪奇漫画家だと思っていた。
さにあらず。

水木さんはほんとにすごいと思う。
「なまけ者になりなさい」なんて言葉を残しているが、ご本人はものすごく苦労をされている。
戦地での生きるか死ぬかという危機を何度もくぐり抜けてきた苦労や、戦後の生活の苦労など。
いやほんとに、この人はただの人ではないと思う。

これからも水木さんの著作を読んでいきたい。

きっかけを与えてくれた妻に感謝。

|

« 朝がねむいよ/フィンガー5 | トップページ | 妻の態度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/67061806

この記事へのトラックバック一覧です: 水木しげる伝(講談社漫画文庫):

« 朝がねむいよ/フィンガー5 | トップページ | 妻の態度 »