« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月29日 (月)

株はばくちであるということについて

株式投資を始めたのが2015年の1月。アベノミクスに押され、父が100万ぐらいからやってみたらいいんじゃないかと言ったことも後押しとなって、始めてから3年と9カ月。

今思うことは、やっぱり株なんてものはばくちであって、カタギの人間のやるもんじゃないということだ。
株は投資であってばくちではないという人もいるだろうし、私も最初は株入門の本を読んでそう思っていた。
だが、3年9ヶ月実際にやってみた結論は、やっぱり株はばくちであるということだった。

今日買った株が上がるか下がるかは誰もわからない。分からないところに賭けるのだから、ばくちというほかはない。それに、誰かがもうかった陰で必ず誰かが損をしている。かけた金が勝手に増えたり減ったりする。全額回収できる保証はない。まったくばくちではないか。

まあ、そういうことが体験を通じて分かっただけでもよかった。体験しなければ分からなかっただろうに。

こういうのは、上手な人もいれば下手な人もいる。向いている人もいれば不向きな人もいる。私はいずれも後者の方だったということだ。

負けているのは保有銘柄の半分だけで、通算では勝っているじゃないか、という見方も、強気で株に向いている人ならするだろう。しかし、買った株が買った途端に下がり、売った途端に上がるというのは、やっぱり株なんてやめておけという天の声のような気がしてならない。

株価がいちいち気になって、日常生活の本当に美しいものを見落としたり、楽しい事を味わえなかったりするというのは、本末転倒である。たかがゼニカネではないかという観点は持っておきたい。

そして、私は決して社会主義者ではないが、金銭は勤労の対価として頂戴できるものだというエートスは歴然として自分の中にあり、株がたとえ投資であったとしても、それにより得られる金はあぶく銭ではないか、という思いもあるのである。

やっぱりこういうのは、お金が余ってしょうがない人、百万二百万損しようが平気な人がやるべきものなんだろうと思う。

私のように、一円一銭も大事にしたいというような人は、やっぱり向いてないのであろう。(父のように)お金をおもちゃのように扱っても平気でいられる人が、向いているのだろう。

お金に執着することは、人生の苦しみを増やし、人生を貧しいものにする。わざわざお金を払ってそんなことをする必要はない。それがわかっただけでも、やってみた意味はあったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

男と女(「いばや通信」より)

坂爪圭吾さんの書いている「いばや通信」がいい。
とにかく、自分の頭で考えている人だし、自分の実感でものを言っている人だなと思う。
人は、そこそこの何々をやっているから(肩書きや学歴)偉いのではない。
本当の生き方をしているかどうかだ。
彼の人生観や死生観は、もはや哲人レベルのものだと思う。

今回のブログで書かれている男と女に関する考察も、すごくよかった。
ので、リンクを張っておこう。

http://ibaya.hatenablog.com/entry/2018/10/19/122852?fbclid=IwAR1LVvNHNzLtk99O5jtQBDfRbERehIySz0aDDZtVVDgnzswxbXs12xCVU9c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変な時代になった。(タイラヨオさんのFBより)

小川榮太郎さんのFBをフォローしているのだが、タイラヨオさんの投稿に共感したので、引いておく。

引用

【このままだと人間じゃなくなりそう】 京都市男女共同参画推進協会と5人の大学生が共同で「ジェンダーハンドブック」を作成したというニュースを見て、早速ハンドブックをダウンロードして読んでみた。わざわざ読むところが偉いだろう(笑)。デート、キス、意思表示などのあるなしに関わらず、どんなケースでも必ずしも性行為の同意を得ているわけではないよ、慎重にね!というのが大まかな内容だ。慎重なのは結構だが、どうも違和感がある。

例えば、「家に泊まるのは、性行為をしてもいいというサインだ」というQに対して、5人の学生が出すAは以下の通り。

S(男):関係性にもよるのに、家に泊まったらセックスもOKって思うのはセクシュアルな目で見すぎ。
H(女):付き合ってたとしても、家に泊まったからオールOKな訳じゃない!
N(女):そうだね。お泊りデートだからといってセックスありきじゃないはずだよね。当日そういう気分じゃなくなることもあるんだし。
M(女):でも、付き合っててお泊りするなら絶対、セックスしなきゃっていうプレッシャーはある...。
H(女):そもそも、付き合ってようが、なかろうが、嫌って言えない状況を作ることがレイプだって考えるべきなんじゃない?
S(男):うん。性欲を持っていたとしても、そこで理性を使えないのだったら人間じゃない。相手の気持ちに寄り添うのが大事。

突っ込みどころ満載であるが、最後の部分を読んで私は思い出してしまった。話題の小川論文に引用された言葉を。

チェスタトン:狂人とは、理性を失った人間のことではない。理性以外の全てを失った人間のことである。

暴力や強姦は当然あってはならない。しかし、男も女も、失敗したり、傷ついたり、恥をかいたり、怖い思いをしたり、激しく後悔したり、過ちを繰り返したりしなくてはならない。言い切るが、これは、しなくてはならない。自分の娘・息子にはどうか辛い思いをして欲しくないと願う親心はわかる。しかし、これを避けて通ってはいけないと私は思う。お父さんお母さんだって、黒歴史がひとつも無いなんてことは無いだろう。それがあるからこそ、子供が可愛いと思う。心配もする。そしてその子供たちも、そこを通るからこそ、人を心から好きになり、将来の家族を愛せるようになるのではないか。

そもそも、その気もないのに男の家に泊まりになんかいくなよというのが、一般的な感覚だろう。大学生にもなって、何を寝ぼけたことを言うか。しかしこのハンドブックでは、人それぞれ捉え方、考え方、目的、意識が色々だから、全て尊重されるべきで、そのためには「性的同意」を取ることが重要だという。そのような同意が何故必要になるのか教えようか。常識が仕事しなさすぎなんだよ。ああだんだん腹が立ってきた!さてはお腹が空いたんだな。酒も呑みたい。ああもうどうでもいい!勝手にしやがれ!(笑)

後悔するようなできごと、特に性的な経験などというものは、中々人には話さないものだよ。おおっぴらに、オープンな情報として、教室でシェアするようなものじゃないんだ。皆それぞれの胸に秘めていることがある。秘めているから、強くもなるし、賢くもなる。ガイドブックに教えてもらえるような道ではないんだよ、男や、女になるということはさ......。

引用終わり。

なんかね。変な時代になってきたね。

言っておくが、私は女性に対して臆病で鈍感だったので、30歳までは童貞だった。
しかも、初めての体験というのは、その当時バンドで知り合った女性が、部屋に泊まらせてほしいと言って、わけのわからないうちにそうなっていたのだった。
「え?え?何これ?ほんとか?こんなドラマか○○マンガみたいなことがあるのか?」と思って、正直焦った。
彼女が積極的でなければ私はその後も童貞を続けていただろう。
その日だって、これは何かの罠なんじゃないか? 後で怖いお兄さんとか出てくるんじゃないか? いわゆる美人局なんじゃないか? などと、ぐるぐると疑心暗鬼が渦巻いたぐらいに臆病者だったんだから。

そのほかにも、据え膳を食わなかった経験は多数ある。

結局それは、自分が傷つくのを恐れていたからなのだと後で思った。
若いときの勘違いや過ちは、必ず良い経験になると思うのだ。
それを恐れては成長もできない。
また、若いからこそ笑い話にもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

「青空モーニンググローリー」(花坂結衣cv.M・A・O)

アニメ「One Room」セカンドシーズン、花坂結衣の回のエンディングテーマ曲。
私のツボの直球ど真ん中の曲。
オクターブのベースライン、裏打ちのオープンハイハット、クリシェライン、等々、JPOPのおいしいところが満載。
聴いていて元気が出る明るい曲。
歌詞もいい。
恋をし始めたばかり、見るものすべてが輝いているという、初々しい気持ちが歌い上げられている。
だが、恋だけではない。「泣いたり笑ったり、全部全部愛しい日々」というのは、人生を振り返った老人の気持ちにも通じるのではないだろうか。普遍性のある歌詞だと思う。
そういう初々しくせつない歌詞と、曲がとてもよくマッチしている。

もう名曲は出ないのかなあと思っていたが、どうして、こんな素晴らしい名曲に出会えた。
とてもうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「One Room」(セカンドシーズン)感想

アニメ「One Room」(セカンドシーズン)を一通り見てみた。
やっぱり一番は花坂結衣で、2番目が天月真白、3番目が銭湯の女の子だった。
銭湯の子は、見た目はキュートなんだけど、気が強そうなところがちょっと私の好みではなかった。あと、声優さんの声も、ネットではものすごく人気なのだが、これは私の好みではなかったということで。でも、ストーリーはとてもよかったと思う。
なんだかんだ言っても、一番安心して見られて、結末もストンと落ち着いた感じだったのが、花坂結衣の回だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

アニメ「One Room」(セカンドシーズン)

ひょんなことから、「One Room」というアニメに出会った。
ネットサーフィンをしていてのことだろうが、どういう経路で出会ったのか覚えていない。
が、このアニメを知ったとたんにはまってしまった。
最初は、GyaOの無料視聴サービスで見たんだろうか。
今日思い切って、GyaOで、セットでレンタルした。(セカンドシーズン。)

このアニメを見ていると、若い頃の気持ちがよみがえってくるようだ。
恋をすることが楽しくて仕方ないという若い人の気持ちが描かれていて、胸がきゅんとなる。
恋をすると見るものすべてが輝いて見える。そんな気持ち。

花坂結衣のエンディングテーマソング「青空モーニンググローリー」も、このアニメの雰囲気、ストーリーとぴったりマッチしていてとてもよい。曲もものすごくいいが、詩もいい。恋する人の気持ちを見事に言い表している。作詩の稲葉エミさんは天才だなと思う。

この曲に関してはまた項を改めて書きたい。

とにかく、ほんとうにいいアニメに出会えてよかった。

追記:今、七橋御乃梨のエピソードを見たんだが、期待したほどではなかった。期待が高すぎたのだろうか。ちょっと気が強すぎたし、声優の声も、あまり私の好みではなかった。ラストがちょっと曖昧な感じだったのも……。

追記:天月真白の回も見終わった。結構良かった。無料で視聴した最初の話、天月真白の最終話だったっけ?焦げた朝食が印象的で。あえて余韻を残した終わり方が、いいんだろうなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

私の嫌いなタイプの人間

私の嫌いなタイプの人間。
それは、いやいや仕事をする人と、恩着せがましい人である。
仕事は喜びながら感謝しながらするべきものだし、そういう心があれば、何をするにせよ「あんたのためにやってやってるんだ」という気持ちなど起こって来はしないだろう。
しかるに。
妻はいつも、いやいやながらご飯を作っているようだ。
事あるごとに、「もうあんたらがそんなんならお母さんご飯作るのやめる」という。専業主婦のくせにである。
自分の与えられた仕事をそんな風に言う人が私は大嫌いである。
じゃあ、そんなにいやならやめたらいい、と言いたくなる。
これは、彼女の家庭環境がそうだったのだろうと思っている。
彼女の母親もまた、すこぶる恩着せがましい人なのである。
もう他界してしまったうちの母親とは大違いなのだ。
母は、子供のためなら喜んで何でもしていた。
やってやっているなんて、おくびにも出さない人だった。
だから、ストレスをためてしまったのだろうか。
私の祖母もまた、孫の為に喜んでいろんなことをしてくれる人だった。
おせっかいなぐらいに。
しかし、それが祖母というものの本性なのではないかと思っている。
そういう親や祖父母を見てきたから、余計にそう思うのかもしれない。
要するに仕事は喜んで感謝してすべきものだし、恩着せがましい人は大嫌いなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

覚悟というもの

私は3年間、神戸のK音楽学院に通った。本科2年、研究科1年だった。
その時、同じ学び舎で学んだ人たちが、多く現在プロとして活躍している。
かつては同じ生徒だった人たちがプロとして、ある人は世界を股にかけて活躍しているのを見ると、よくやっているなあと感心する。
私は、バークリーに留学しなかったし、プロにもならなかった。
その差は何だろう。

若さの差(私が入学したのは37歳の年)ということもあるが、やはり一番大きいのは「覚悟」の差だろうと思う。
退路を断って音楽一筋に自分を追い込んでいった人だけが、プロになれるのだと思う。

卒業してからは、プロのようなこと(お金を取るライブなど)もやっていたのだが、結局その道に突き進むことはできなかった。
私には、当時やっていた仕事もあったし、家族や自分の未来のことなどを考えると、結局、音楽一筋の道には行けなかったということなのだ。

そもそも、私が音楽専門学校に入学したのも、その年の2月にパニック障害を発症し、もっと自分のやりたいことをやらなければと思ったこと、一番好きな音楽をやらなければ死んでも死に切れないだろうと思ったこと、音楽をやることによって病気が良くなるだろうと思ったこと、生活環境をガラリと変えることが(転地療養)病気には良いだろうと思ったこと、などがあった。

つまり、専門学校に入学したけれども、それは音楽を職業にしようと思ったからではなくて、自分の健康のためということが大きかったのである。

そういうわけで、当時一緒に生徒として学んだ人たちがプロとして活躍しているようすをFBなどで見たりすると、すごいな、と思うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

ある韓国人留学生の思い出

もう20年ぐらい昔のことになるだろうか。
私は、大学時代に少しかじった韓国語をもう少し習いたいと思って、民団の韓国語教室へ通った。何しろ授業料が格安だったからだ。そこで知り合ったのが、地元の国立大学に留学している李さんだった。

李さんは、釜山大学卒とのことだった。とても頭の良い人だと思ったし、日本に対してもとても良いイメージを持ってくれていると思った。日本人についても、過去の歴史のことを蒸し返すような話をすることは決してなかった。むしろ、日本人は頭がいいとほめていた。韓国人なのに、辛いものが苦手で、ヨーグルトなんかが好きだと言っていた。雑炊も好きだったようだ。

とても謙遜な人で、「私なんかすぐにおばあちゃんになっちゃう」と言っていた。容姿は、田中麗奈に似ていると思ったが、本人にそれを言うと、あんな目のつり上がった人?と、心外な様子で、他の生徒が「女優さんに似てるというのはすごい褒め言葉だよ」とあわててフォローしてくれた。

生徒と教師という関係ではあったが、どちらからともなく、友達関係になった。他の生徒とも誘い合って、一緒に食事をしたりもした。それから二人で会うようにもなった。向こうも別にそれが悪いとは思っていないようで、その辺、かの国ではあんまりやかましくないのかなとも思ったりした。

一緒に食事も、何度もしたし、私の車に乗って美術館に出かけたりもした。夜、ファミレスでいろんな話をした。彼女とは不思議と当時の問題関心のテーマが合っていた。彼女はこんなことも言ったりした。「自分が正しいと思っている人は危ない。独裁者というのは、自分が一番道徳的・倫理的だと思っている人がなるのだ」と。

自分のそれまでの人生経験に照らして、それは当たっていると思った。彼女はどうしてそれがわかるのかと思い、感心した。

しかし、私たちは友達以上の関係になることはなかった。なろうと思えば、なることはできたであろう。しかし、私の中に、自分が日本人で彼女が韓国人であることについての不安があった。もちろん、頭の中(考え方)は、そんじょそこらの日本人よりも近く、話のわかる人だったのだが。

母には、そういうつきあいをしている人がいるとは言わなかった。
あるとき、彼女と町で待ち合わせをして、その後彼女が、母のやっていた喫茶店(彼女はそれが私の母の店だとは知らなかった)に入ろうとしたことがあったが、私はどういうわけか、母に見られるのが気恥ずかしく、違う店に行こうと言った。彼女は素直にそれを受け入れた。私の提案したのは大しておいしくもないイタリアンの店だった。もし母が彼女を見たら、そして私が彼女のことを母に紹介していたら、彼女は何と評したであろう。

そうこうしているうちに、彼女からメールが来た。留学生活を終えて、帰国するのだという。
私は必死の思いで車をとばし、空港に駆けつけた。まだ間に合った。
彼女は思いの外、晴れやかな表情だった。
飛んでいく飛行機を、私は切ない思いで見送った。

韓国から、彼女は手紙もくれたし、電話で話もした。

そして、彼女は結婚した。メールに添付された写真をみた。本当に典型的な韓国人の風貌をした男性だった。

彼女はFacebookでも友達だが、もう何年もなんの音沙汰もない。

どうしているだろうか。幸せに暮らしているだろうか。今の韓国の政権では、日本に留学した人や、親日的な人は暮らしにくいのではないだろうか。

今の南北関係をどう思っているだろうか。今の韓国の政権をどう思っているだろうか。賢い人であっただけに、聞きたいことはいろいろある。

あれから20年だから、今は40代半ばになるはずだ。どうしているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻と私

妻と私のことを考えると、対照的であるがゆえにベストマッチングなのだろうなと思う。

一例を挙げると、私は、正しいことを言っている人は義しい人なのだという思い込みがある。
しかし、そうではない。
例えば保守論壇でも、商売のためにやっている(やっていた)人だっているだろう。
あの詐欺師も、行き過ぎとも言えるぐらいの「保守」的なことをやっていた。

私は純粋(?)であるがゆえに、権力的なものを疑わないところがある。

正しいことを言っている人に従おうとする傾向が昔から強かった。だから、コロッと悪いやつにだまされたりする。

その点、妻は懐疑的である。
端から見ると腹立たしいぐらいに、物事を斜めから見る視点がある。
しかし結局それが正しかったりする。
妻は、偽善を見抜く目があり、口ではいいことを言っているが実は腹は黒いという人を見抜く目があるのではないだろうかと思う。

だからこそ、私と妻とで絶妙なバランスがとれているし、家庭が変な方向に走らないようにできている。
子供も、いろんなものの見方を身につけてくれるだろう。
だから、妻はとてもありがたい存在なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

アニメ one room

one roomというアニメを知ったのはどうしてだったろうか。ネットをやっていて、どういうわけか、このアニメを知ることになったのだった。そのとたん、二次元愛が燃え上がった。このアニメ、5分間のショートアニメとして放送されていたという。そして、2ndシーズンが終わったばかりだそうだ。

GyaOで無料視聴になっているものを視聴した。胸がキュンキュンした。若い頃を思い出した。若い頃、こんな思い出があったなら……と思った。いや、こんな思い出がないからこそ、いま、こんなアニメでその埋め合わせをしているのだが。

カメラワークがちょっとアレなので、子供には見せられないが、私の心にヒットした。いい作品だと思った。
主題歌の「青空モーニンググローリー」も、とてもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »