« 覚悟というもの | トップページ | アニメ「One Room」(セカンドシーズン) »

2018年10月 6日 (土)

私の嫌いなタイプの人間

私の嫌いなタイプの人間。
それは、いやいや仕事をする人と、恩着せがましい人である。
仕事は喜びながら感謝しながらするべきものだし、そういう心があれば、何をするにせよ「あんたのためにやってやってるんだ」という気持ちなど起こって来はしないだろう。
しかるに。
妻はいつも、いやいやながらご飯を作っているようだ。
事あるごとに、「もうあんたらがそんなんならお母さんご飯作るのやめる」という。専業主婦のくせにである。
自分の与えられた仕事をそんな風に言う人が私は大嫌いである。
じゃあ、そんなにいやならやめたらいい、と言いたくなる。
これは、彼女の家庭環境がそうだったのだろうと思っている。
彼女の母親もまた、すこぶる恩着せがましい人なのである。
もう他界してしまったうちの母親とは大違いなのだ。
母は、子供のためなら喜んで何でもしていた。
やってやっているなんて、おくびにも出さない人だった。
だから、ストレスをためてしまったのだろうか。
私の祖母もまた、孫の為に喜んでいろんなことをしてくれる人だった。
おせっかいなぐらいに。
しかし、それが祖母というものの本性なのではないかと思っている。
そういう親や祖父母を見てきたから、余計にそう思うのかもしれない。
要するに仕事は喜んで感謝してすべきものだし、恩着せがましい人は大嫌いなのである。

|

« 覚悟というもの | トップページ | アニメ「One Room」(セカンドシーズン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/67244222

この記事へのトラックバック一覧です: 私の嫌いなタイプの人間:

« 覚悟というもの | トップページ | アニメ「One Room」(セカンドシーズン) »