« アンブシュア | トップページ | 読書『Don't look now』(ペンギンブックス) »

2018年11月16日 (金)

ヤスさんの名曲

オフコースは、やはり小田さんとヤスさんあってのオフコースなんだと思う。

ヤスさんの曲にも名曲は多く、それはオフコースの中で確たる地位を占めていると思う。

で、思いつくままに、ヤスさんの曲の中で名曲と言えるものを列挙していきたい。

「でももう花はいらない」
『僕の贈り物』所収、文句ない名曲だと思う。そして初期のオフコースの代表曲だと言ってもよい。『秋ゆく街で』の中で、小田さんが感極まって歌えなくなるシーンがある。

「のがすなチャンスを」
『この道をゆけば』所収。後に、ハードなロックのアレンジがされていて、それもこの曲にとても合っているなと思った。バンドでのアレンジは、この曲に新しい命を与えたのではないだろうか。

「潮の香り」
『JUNKTION』所収。当ブログ「名曲覚え書き」でも取り上げた。何しろこのコード進行はすごい。よくこんなコード進行を思いついたものだと思う。これも、中期オフコースの代表曲だと思う。

「ロンド」
シングル。ドラマの挿入歌だったらしいが、私はFMラジオでこの曲を知った。ヤスさんの代表曲だと思う。「母」をテーマにした歌詞で、なんかすごくいい。これも中期オフコースの代表曲だと思う。

「恋を抱きしめよう」
『Three and Two』所収。軽快な曲で、ヤスさんの面目躍如だと思う。とても好きな曲です。私はこの曲をFMラジオで知った。「風に吹かれて」のB面だが、小田さんの曲とは好対照で、両A面でもいいと思う。

とりあえず、今日はここまで。

|

« アンブシュア | トップページ | 読書『Don't look now』(ペンギンブックス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/67387197

この記事へのトラックバック一覧です: ヤスさんの名曲:

« アンブシュア | トップページ | 読書『Don't look now』(ペンギンブックス) »