« 米中間選挙を見て | トップページ | 『幻想からの解放』富平正文著 »

2018年11月12日 (月)

大学入試共通テスト

共通テストの問題をちらっとだが、見た。
くだらん。
大学入試センターというか文科省は阿呆の集まりなのだろうか。
きっとそうだ。
だいたい、国語は縦書きであるはずなのに、縦書きと横書きが混在しているのはどういうことか。
そういう、単純に形式的なことだけでも、Lこの試験はおかしいとわかる。

私が高校生の時、新課程になって、漢文の先生が言ってた。
「文部省は暇だから、いらぬことばっかりする」と。
まさにそうなんだろう。

こと国語に関していえば、大事なのは、読まれるべき文章を読ませることであって、決して実用を重視してはならぬということだ。実利を重んじるとそこから文化の根底が音を立てて崩壊するだろう。それをやっているのが文部科学省という役所だ。最大の売国官庁と言われる所以である。

これでは子供たちがあまりにかわいそうではないか。

|

« 米中間選挙を見て | トップページ | 『幻想からの解放』富平正文著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/67373258

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試共通テスト:

« 米中間選挙を見て | トップページ | 『幻想からの解放』富平正文著 »