« 読書『Don't look now』(ペンギンブックス) | トップページ | 心斎橋商店街の変化に驚きと辟易 »

2018年11月21日 (水)

ゴーン氏逮捕に思うこと

これだけ大きな事件だから、何か裏があるのだろうとネットではいろんなことが言われている。

それは置いておいて、私は庶民としての感覚から書く。

経営者トップとは言え、やっぱり何億ももらうというのはどうなんだろうと。それだけの分を社員の給料に回したら、景気もよくなるんじゃないのかなと。

現場の社員と一緒に汗を流す、というのが私の思い描く理想の経営者の姿であるのだが。いやこれは決して社会主義的なことを言っているのではなくて、昔の本田宗一郎さんとかのイメージである。

経営者と末端の社員との格差が大きすぎるというのは日本的な会社のイメージからかけ離れている。それだけ経済がグローバル化してしまったということか。

だいたい生涯で使えないほどの金を貯め込んだところでどうするんだろう。「足るを知る」というのが日本的な価値観である。

それに、日本の企業なのにトップが20年も外国人というのはどうなんだろう。

経済は国民経済、ナショナル・エコノミーなんだということを、今は亡き井尻千男さんがしきりにおっしゃっていたのを、すごく懐かしく思い出す。

日産は、もう日本の企業ではなくなっていたのか。

|

« 読書『Don't look now』(ペンギンブックス) | トップページ | 心斎橋商店街の変化に驚きと辟易 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/67402983

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーン氏逮捕に思うこと:

« 読書『Don't look now』(ペンギンブックス) | トップページ | 心斎橋商店街の変化に驚きと辟易 »