« 「Don't look now(邦題:赤い影)」という映画 | トップページ | ヤスさんの名曲 »

2018年11月16日 (金)

アンブシュア

たまにはサックスのことも書いてみよう。

サックスを独学でやっていたとき、その辺の入門書を見て始めたので、アンブシュアは下唇を巻いて、口を横にひっぱるような形だった。

これで、アマチュアのバンドの演奏もやっていた。

しかし、口は疲れるし、疲れるとどんどん締まってきてピッチが上ずってしまうし、ろくなことはなかった。

音色だって、笛のような音しか出ないし、そんなのでポップスやサルサなんかやっても、イモにしかならない。

音楽専門学校に入って、ジャズのプロの先生に習うようになってから、「ほ」の口の形で、唇をクッションにして、噛まない巻かないアンブシュアをマスターするようになってから、音が変わったし、口が疲れにくくなったし、良いことばかりになった。

やっぱりプロの先生に習うべき、そしてジャズ系の音を出そうと思うなら、ジャズの先生に習うべきだと思った。

|

« 「Don't look now(邦題:赤い影)」という映画 | トップページ | ヤスさんの名曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96735/67387144

この記事へのトラックバック一覧です: アンブシュア:

« 「Don't look now(邦題:赤い影)」という映画 | トップページ | ヤスさんの名曲 »