« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月27日 (日)

HUGっと!プリキュアを見て

HUGっと!プリキュアが終わった。
走り書きではあるが、簡単に私の感想を記しておきたい。

私は、この物語を通して一貫して感じたのは、「愛」そして「母性」であった。

あかちゃんをみんなで育てるというストーリーもさることながら、「マザーハート」という言葉、モウオシマイダーを包み込むあの金色に輝く人が、母性の象徴でなくて何であろうか。

ヒロインの野乃はなからは、限りない母性を感じた。それは、最終回でジョージ・クライを抱きしめてあげる態度にも表れていたし、映画の中で、心をこじらせたミデンをどこまでも追いかけて行ってあげて、「つらかったね」と心から共感してあげる態度にも、私は限りない母性を感じたのだった。

ありきたりな戦隊物(もちろん従来のプリキュアを含む)は、善側が武力で悪を倒してめでたしというパターンが多かったと思うのだが、今回はちょっと違っていた。

心をこじらせて悪者になってしまったモウオシマイダーを、金色に輝くマザーが抱きしめて、(「本当のあなたはそんな姿じゃないよ」と言っているかのように、)無事に成仏?させてあげる、そういうところに感動したのだった。

このシーンは、本当はすべての人が愛であり、すべての人に仏性があるということを暗示するかのようではないか。その意味で、今回のプリキュアは、高度にスピリチュアルでもあると思う。

極めつけが、最後から2回目の回で、町のすべての人がプリキュアになるというシーンがある。これなどは、本来すべての人に神性がやどっており、すべての人に仏性があるということを思い起こさせるシーンであった。そう、何も特別な人がそうなのではない。すべての人が、本来そうなのだと。

さすれば、表向きはこども向けのアニメなのだが、この「HUGっと!プリキュア」は、その深い精神性において、次元を異にしていたとも言えるのではないだろうか。

ともあれ、HUGっと!プリキュアに出会えてよかった。

ありがとう、プリキュア。ありがとう、はな、さあや、ほまれ、えみる、ルール―、はぐたん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぐプリ最終回で

はぐプリ最終回、ネットを検索したら反日左翼のハフポストがヨタ記事を書いていた。
なんでも、「ジェンダー」だそうだ。
もちろん、話によってはそういう回もあったことは確かだが、それだけではない、もっともっと大きなテーマを、このはぐプリは扱っていたと思う。
孤独、愛と受容、夢、希望、未来、友情……等々、多種多様なテーマがてんこ盛りで、各回色んな見方ができるわけだが、「ジェンダー」的側面でしか見ないというのはあまりに一面的。
そういう色眼鏡でしか物事を見られないって、カワイソウダネ。┐(´д`)┌

私自身の感想はページを改めて。

私自身は、このストーリーを一貫して貫いているものは、むしろ「愛」であり「母性」であった、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

電子ピアノ弾き比べ

ビックカメラで電子ピアノを弾き比べてきた。
というのは、ローランドのXP80が壊れてから数年が経ち、ヤマハのRefaceを買ったものの、本格的な鍵盤がない状態にそろそろ耐えがたくなってきたからなのであった。

価格や機能で一番目をつけていたのがカシオのプリヴィアPX160なのだが、実際弾いてみるとちょっと微妙な感じがする。
というのも、鍵盤の跳ね返りがあって、ちょっと不自然な感じがするのだ。
それと、タッチレスポンスも、急に音が大きくなるポイントがあり、やっぱり実際のピアノとは違うなというか、ちょっと弾きにくく感じるのだった。
その点、ヤマハ、コルグ、ローランドの電子ピアノは合格だった。

しかし、音が一番いいのはカシオのプリヴィアだという気がした。
コルグのLPは他社製品と比べると歴然としていてちょっと音がこもった感じ。
ローランドは電子ピアノとして聴けばいい音なのだがやっぱりピアノとはちょっと違うかなというのと、スピーカーが向こう側を向いているので、演奏者には聞こえにくい。
ヤマハは30万円ぐらいの上位機種はいいけど、数万円台の下位機種はあまりよくないと思う。

Alesisという米国メーカーの電子ピアノがあるそうで、結構いいなとは思ったのだが、サポートが心配なのと、録音機能がないのが難点。

カシオのプリヴィア、鍵盤の跳ね返りとタッチレスポンスの問題点がなければ、これほどいい製品はないと思うのだけれど、これは楽器としては非常に重要な点だから。大変悩むところだ。所詮は3万円程度の製品と割り切って、音を出す、音を確認するための楽器だと思ってしまえばそれはそれで良いのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUGっと!YELL FOR YOU

HUGっとプリキュアの後期エンディングテーマ曲の「HUGっとYELL FOR YOU」は、間違いなく名曲だと思う。
relatedツーファイブとかベースラインの半音進行とか、まあそういう理屈は抜きにしても、胸キュンのツボを押さえて心をわしづかみにする。
歌詞もいい。本当に励まされる。人生の応援歌と言ってもいい。
この曲を聴いていると、自然と涙があふれてくる。
こんな名曲がまだまだ生まれているんだ。
TVで見る、プリキュア5人のダンスもいい。
HUGっとプリキュアに出会えて、本当によかった。
ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

誰得?スマートキー

車に乗ったら、スマートキーのバッテリー残量が低下しています、というメッセージが出た。
めんどくさいよね。
取説を見ても交換の仕方が載っていなかったので、ネットで電池交換の仕方を調べて、スーパーでコイン型の電池を買って交換した。
電池がなくなるとキーの役割を果たさなくなるっていうのも、どうなんだろうね。
電池がすぐに手元にないと、ちょっと不安だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »