« ダウナー | トップページ | 池田晶子さん命日 »

2019年2月21日 (木)

小池龍之介と前野隆司との対談

本屋をうろついていたら、「サンガ」から出ている本で、小池龍之介と前野隆司の対談本を発見した。
ちょっと立ち読みして、へぇ~と思った。
小池さんは100%の大安心という境地のことを語っていた。
それと、驚いたのが、この現実は映画みたいなもので、本当の実在というのはスクリーンのようなものだ、ということを語っていたことだった。
これは、『さとりの授業』なんかでも語られていたことで、小池さんがこういうスピリチュアル方面の本などを読んでいたのか、それともご自身の修行によってたどり着かれた境地なのか、とても興味深いと思った。
いずれにせよ、物事を「ほんとう」の方向にたどっていけば、誰でも同じ結論にたどり着くということで、心強く感じた。
また、小池さんが絶対存在のことを「X」と表現していて、これも池田晶子さんの「不可知のX」のことじゃないかと思い、小池さんが池田さんの本を読んでいたのか、それともやはり思索すれば同じような表現にたどり着くのかわからないが、心強く思った。

|

« ダウナー | トップページ | 池田晶子さん命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小池龍之介と前野隆司との対談:

« ダウナー | トップページ | 池田晶子さん命日 »