« さようなら、平成 | トップページ | 平成最後に聴いた曲 »

2019年4月30日 (火)

平成から令和へ

まもなく平成が終わり、令和が始まろうとしている。

この厳粛で、なおかつ華やいだ雰囲気は何だ。素晴らしいではないか。

正直、私は天皇陛下が譲位なさるご意向を表明されたとき、ええっ?!と思ったのだった。なぜなら明治以降の憲政史上前例がなく、あまり好ましからざる影響があるのではないかと思っていたからだ。保守系の有識者の中にも驚きをもって捉えていた人が多かったように思うし、陛下の”わがまま”というような捉え方をしていた人もいたような気がする。

だが、いざこのときを迎えてみると、天皇陛下がご存命のうちに代替わりが行われるというのは、案外いいのではないかと思うようになった。国を挙げての盛大な行事となり、その厳粛さと華やぎの雰囲気はオリンピックとか万博など比べるべくもない。

もちろんご譲位が政治利用されたり、二重権力となったりするような様々な懸念は払拭されなければならないが、そういった問題がクリアされるならば、譲位というのはよいのではないかと、今このときを生きていて、そう感じる。

新しい時代の始まりが天皇陛下の崩御によってであるというのは、やはり暗いものがあり、それよりは、陛下がお元気なときに、新しい時代の始まりを国民あげて言祝ぎ、新しい天皇陛下のご即位を言祝ぐというのは素晴らしいものだと思う。

このような素晴らしい雰囲気の中で始まる令和の時代が、よい時代となりますように。

|

« さようなら、平成 | トップページ | 平成最後に聴いた曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さようなら、平成 | トップページ | 平成最後に聴いた曲 »