« 『生死同源』篠原佳年 | トップページ | コンビニのコーヒー »

2019年5月18日 (土)

たつみ食堂の思い出

昔をやたら振り返るのは年を取ったってことなのだろうか。

記念すべき1000エントリ目だが、今日は「たつみ食堂」について書く。

大学に入って1年と2年のときは、久我山に住んでいた。

初めての一人暮らしで、やはり食べることはたいへんである。

自炊も疲れて途中でやめてしまった。

近所にあった定食屋が、「たつみ食堂」だった。

まだ乳飲み子を抱えていた若い奥さんと、その親世代のお母さんとが切り盛りしていた。

こんなことを思い出したのは、今、吉本の「学食はおふくろの味?」というのを見たからだった。

瞬間的にたつみ食堂のことが思い出されたのだった。

唐揚げ定食はすごくおいしかった。鶏の唐揚げはカリッとして中はジューシー。

レモンをかけていただいた。キャベツの千切りとともに。千切りはとても細かった。

小食だった私はごはんの量に驚き、しばしば半ライスで注文した。

テレビで、小林薫の「イキのいい奴」なんかをやっていたのを覚えている。

もう一つの、駅に近い定食屋は民放の歌番組なんかを流していたが、ここは専らNHKだったような気がする。

あれから30年以上経った。

あの頃若かった奥さんも、お年を召されていることだろう。

あの店はまだあるのだろうか。

皆さん元気でいるだろうか。

そんなことをふと思った。

|

« 『生死同源』篠原佳年 | トップページ | コンビニのコーヒー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『生死同源』篠原佳年 | トップページ | コンビニのコーヒー »