« メメント・モリ | トップページ | つるべタクシー(飯島真理) »

2019年6月29日 (土)

小田和正チケット争奪戦敗れたり

小田さんのチケット抽選落選に引き続き、一般先着もだめだった。

7月19日はちょうど仕事の出張で神戸に行く日で、渡りに船、絶対に行きたいと思ってたのだけれども。

まあ縁がなかったということだ、仕方ない。

ほんの10年、20年前までは楽にチケットが取れたのにね。

ネットが普及してからすこぶる取りにくくなった。

しかしそれだけではない。

やっぱり小田さんが70歳を過ぎ、これからいつまでツアーやってくれるだろうかということもあるから、価値が高まっていっているのだろうね。

ネットを見ると、全国各地追っかけて行っている人がいて、それはその人の自由だから仕方ないのだけれども、もっとたくさんの人がコンサートに行けるようにしてはもらえないだろうか。

先日、転売禁止法ができたというのに、相変わらずネット上では高額で取引されていて、法律が機能してないじゃんと思ったりもするし。

だが、縁のないものはなかったので、しようがない。

ここ岡山にも、8年ぐらい前には来てくれた(県南の体育館だったと思う)記憶がある。その時はいろいろと家のほうも大変で、私のほうが行く気になっていなかった。

縁がなかった、ということなんだろう。

その分、昔、行けるときに十分行ったではないか。

95年のfun more timeのツアー、岡山市民会館で二日連続であったね。

その時には当日券も出ていて、すごくいい席で見られた。

出待ちもできた。

その後小田さんのチケット抽選落選に引き続き、一般先着もだめだった。

7月19日はちょうど仕事の出張で神戸に行く日で、渡りに船、絶対に行きたいと思ってたのだけれども。

まあ縁がなかったということだ、仕方ない。

ほんの10年、20年前までは楽にチケットが取れたのにね。

ネットが普及してからすこぶる取りにくくなった。

しかしそれだけではない。

やっぱり小田さんが70歳を過ぎ、これからいつまでツアーやってくれるだろうかということもあるから、価値が高まっていっているのだろうね。

ネットを見ると、全国各地追っかけて行っている人がいて、それはその人の自由だから仕方ないのだけれども、もっとたくさんの人がコンサートに行けるようにしてはもらえないだろうか。

先日、転売禁止法ができたというのに、相変わらずネット上では高額で取引されていて、法律が機能してないじゃんと思ったりもするし。

だが、縁のないものはなかったので、しようがない。

ここ岡山にも、8年ぐらい前には来てくれた(県南の体育館だったと思う)記憶がある。その時はいろいろと家のほうも大変で、私のほうが行く気になっていなかった。

縁がなかった、ということなんだろう。

その分、昔、行けるときに十分行ったではないか。

95年のfun more timeのツアー、岡山市民会館で二日連続であったね。

その時には当日券も出ていて、すごくいい席で見られた。

ご当地紀行はそのときもあったけど、小田さんは今ほど愛想がよくなかったように記憶している。

出待ちもできた。小田さんは歓声に手を振って応えてくれた。

その次に行ったのはsame moonだったかな。立ち見だったけど、神戸こくさいホールに行った。最初の曲は、「ありがとう、いつもいつも」で始まる歌だったと思う。会場でsame moonのTシャツ買った。今でも大事に持っている。

大阪城ホールのチケットをmixiで知り合った人に譲ってもらったこともあった。あれは何のツアーだったろうか。キラキラだったっけ?覚えてない…

妻と、妻の友達のM子と三人で行ったのは、「大好きな君に」ツアーだったはず。大阪城ホールに行った。M子にはただで招待してあげたのだが、妻はあまりいい顔をしなかったように思う。

同じ年、2005年は万博公園での野外コンサートもあった。2004年だっけ? 確かワンマンでなくて他のアーティストと共演だったような。詳しいことはよく覚えてないけど、後ろのほうの芝生シートを敷いて、妻と、その職場の友達と聴いたのを覚えている。それが、とても心地よかった。

(ほかは、どうだっけ……。当時やってたビッグバンドのバンマスに、小田さんのコンサートの行ったことを話すと、「趣味わりいな」と言われてむかっ腹が立ったのも、今では思い出として語ることができる。)

こうやって書き出してみると、結構行ったよね、と思う。そんな風に、これまで十分、小田さんのコンサートを堪能したし、それは確実に思い出として心の中に残っているではないか。それで十分ではないか。

 

 

|

« メメント・モリ | トップページ | つるべタクシー(飯島真理) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メメント・モリ | トップページ | つるべタクシー(飯島真理) »