« つるべタクシー(飯島真理) | トップページ | SNSの功罪の「罪」の部分 »

2019年7月12日 (金)

田んぼのアルバイト

5月末から田んぼのアルバイトを始めた。

始めてすぐ思ったのは、稲というのは魔法の草だということである。そして、水田耕作ということを考えついた人はすごいということだった。

あんな小さな苗が大きく育ち秋にはたくさんの実をつける。ある意味、魔法である。

狩猟採集から耕作への変化というのは、やはり革命的な出来事であったのだろう。

それにしても。

あんな硬いとげとげの殻の付いた実が食べられるなどということが、一体どうしてわかったのだろう。

コメの調理法を考えついた人はすごい、と思ったのだが、しかし。

人が思いついたと思っているのだが、実は、そういうふうにプログラムされていたのではないか。

私は強くそう思う。

それは人間が自分の意志で思いついたと勘違いしているだけで、実は、そのようにプログラムされていたのではないか。

最近強くそんな風に思うのである。

|

« つるべタクシー(飯島真理) | トップページ | SNSの功罪の「罪」の部分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つるべタクシー(飯島真理) | トップページ | SNSの功罪の「罪」の部分 »