« 粗悪なパソコンソフトに厚顔無恥なソフト会社 | トップページ | 生前葬というあり方 »

2019年8月26日 (月)

アリスを聴いてオフコースのことを思った

たまに、聴きたくなるアリス。

オフコースと出会ったのも、アリスの「ジョニーの子守唄」が入ったオムニバスのカセットを買ったことからだった。

アリスは演歌っぽい、オフコースは垢抜けていて洋楽的。上品で洒落ている。

そんなアリスの歌を聴いていて思った。

オフコースが解散せざるを得なかったのは、やはり、プロモーション戦略が間違っていたからだと。

『Give up』という本にも書かれているが、プロモーションマネージャーが、まずは小田和正という人物を前面に立てる。それから順に、メンバー一人一人にスポットを当てていく、という戦略を立てた。

私は、それは間違いであったし、それが原因でオフコースの不和が生じたと思う。

「さよなら」以前、鈴木康博氏は、バンドの中で小田さんと同じぐらいの存在感があった。アルバムの中においても、小田さんに勝るとも劣らない、佳曲を提供していた。

「ランナウェイ」や「潮の香り」、「恋を抱きしめよう」なんかは、A面にしても十分通用する楽曲であった。

にもかかわらず、プロモーションにおいて、小田さんの曲ばかりをA面にしたのは間違いだったと思う。

ここが、アリスとオフコースの違いなのだ。

アリスは、谷村新司と堀内孝雄の曲をほぼ交互にA面にしてきた。

聴く者にとっても、違ったテイスト、違った個性の歌を、交互に楽しむことができた。

これは売り方としてとても良かったと思う。

確かに小田さんは素晴らしいが、小田和正のソロは、やっぱり単色なのだ。

アリスついでに言うと、『さらば青春のとき』という、アリスの本に、オフコース二人が矢沢透氏との鼎談で登場している。

その中で、オフコースの二人が、矢沢透の引き抜きを本気で考えたということを語っている。

確かに、矢沢透の音楽性は、アリスではなく、オフコースのように洋楽的なのだ。

もしも、この画策が成功して、オフコースが小田、鈴木、矢沢の三人だったら。

矢沢が絶妙なバランサー役を果たして、オフコースは崩壊を免れたのではないか。

そんな風に思えてならないのだった。

|

« 粗悪なパソコンソフトに厚顔無恥なソフト会社 | トップページ | 生前葬というあり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粗悪なパソコンソフトに厚顔無恥なソフト会社 | トップページ | 生前葬というあり方 »