« 『宇宙は逆さまにできている!』(大木ゆきの)を読んで | トップページ | 私の反省 »

2019年10月19日 (土)

精神世界、二、三の言葉

○宇宙には問題は何一つ存在していない。人間が勝手に問題だと思い込んでいるだけだ。

→これは、不食で有名な秋山さんの本『誰とも争わない生きかた』にもあったね。そういうことなのだろう。

○宇宙は不可知である。この出来事にはどういう意味があるか考えても仕方ない。

→そうなんだろうね。解釈が二転三転することもあるし。あるがままをあるがままに受け取る、ということしかないのだろう。

○今ないものよりも、今あるものに意識をフォーカスしよう。

→至極最も。その方が幸せである。

|

« 『宇宙は逆さまにできている!』(大木ゆきの)を読んで | トップページ | 私の反省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『宇宙は逆さまにできている!』(大木ゆきの)を読んで | トップページ | 私の反省 »