« 武漢肺炎とわたしたち | トップページ | 淡々と、粛々と »

2020年2月16日 (日)

「コロナでなくても人は死ぬ」

新型コロナ(武漢肺炎)ウイルスをめぐって、ツイッターは大騒ぎである。

これまで安倍総理の応援団だったような人が、手のひらを返したように口汚く政府を罵る。

ある人曰く、「政府は国民の命を守ってくれない。皆さん、自分の命は自分で守りましょう」と。

は? そんなの当たり前じゃないか。

曽野綾子なんて、しょっちゅうそういうことを新聞に書いてる。

池田晶子さんだってそうだったと思う。

は、あんた今まで誰かが自分の命を守ってくれると思ってたの? と言うかもしれない。

とにかく、今Twitterを見ると、心が汚れる。なので見ない方がいい。

人の心がこんなに醜かったか、人間がいかにエゴイスティックであるかということが、本当に、如実にわかる。

閑話休題。

コロナで大騒ぎしているが、そも、コロナでなくても人は死ぬ。

池田晶子さんが昔おっしゃった、「テロでなくても人は死ぬ」の流用である。

人が死ぬ可能性は、どこにでも転がっている。

疫病だけでなく、戦争、テロ、事故、災害、等々。

そんなのは古今東西変わらない。

メメント・モリ。

別に今が特別な時代ではない。

人類の歴史とはそういうものだったではないか。

我々は今そういう時代を生きている。ただそれだけのことだ。

|

« 武漢肺炎とわたしたち | トップページ | 淡々と、粛々と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武漢肺炎とわたしたち | トップページ | 淡々と、粛々と »