« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年3月30日 (月)

志村けんさんの訃報に

志村けんさんが、亡くなった。

新型コロナ肺炎によるものということが、余計にショッキングなことだった。

志村さん死去のニュースを見て、涙があふれてしばらく止まらなかった。

実は私はドリフの中ではカトちゃんが好きで、志村はそれほどでもなかった。

それでも、涙が止まらなかったのは、それだけ笑わせてもらったからなんだろうと思う。

そして、子供の頃からドリフを見ていた者としては、知り合いが亡くなったのと同じような感覚を覚えるのだろう。

ドリフの思い出は、子供時代の思い出であり、家族の思い出でもある。

ディスコばあちゃん、バカ殿、「志村、後ろ!!」のギャグ、ドリフの西遊記、ひげダンス、変なおじさん、・・・

「8時だよ! 全員集合」を無性に見たくなった。

-----------------------------------

そして、コロナであろうとなかろうと、人は必ず死ぬ。

多くの人が亡くなった東日本大震災から九年。

このコロナ禍は、人に、生きることと死ぬことについての問いを突きつけているように思えてならない。

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

心の濁った人の見る、濁った現象世界

精神世界や仏教では、現象世界はその人の心の投影だと言われたりするけれども、最近の武漢肺炎への政府の対応への主としてネット上の批判を見るにつけ、さもありなんと思う。

心の濁った人には、人のすることが濁ったふうにしか見えない。

よこしまな心を持った人には、人のすることがよこしまにしか見えない。

燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんやという言葉を思い出した。

Twitterなどで罵詈雑言を垂れ流している人は、全世界に向かって、自らすすんで自分の心の醜さを発信しているわけで、かわいそうだなあと思う。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »