« オフ・コース「愛の唄」 | トップページ | まずくなった、ネス○フェ »

2020年6月 9日 (火)

アニメ「五等分の花嫁」感想

10話ぐらいまで見た。

確かに面白いのは面白い。

しかし、「恋と嘘」を見た時の衝撃と比べると、少し物足りないかなと。

確かに、あの五つ子はかわいい。しかし、ただそれだけのような。

それに、風太郎だが、あまりに紳士的すぎて、リアリティを感じない。

ほんとにあんな紳士的な高校生がいるのだろうか。

今の私なら煩悩まみれになってしまって勉強どころではないだろうに。

(もっとも私の高校時代はあんな風に勉強一筋で女子に対して奥手で紳士的ではあったが。)

まあ、少年マガジンだからしょうがないか。

娯楽のための漫画だから娯楽として楽しむのが正解なのだ。

ちなみに、二女と五女は苦手なタイプ。

ああいう風にされると私も身構えてしまう。

三女、四女もいいけど、実際に花嫁さんにするとすれば、やっぱり一女だろうか。

|

« オフ・コース「愛の唄」 | トップページ | まずくなった、ネス○フェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オフ・コース「愛の唄」 | トップページ | まずくなった、ネス○フェ »